ビットコイン、モナコイン、NEMなど、全通貨が安くてチャンス!?どう動けばいいのか?

本日は全面的に通貨がお安くなっています。

ビットコイン、モナコイン、NEMなど最近騰がっていた通貨も!

全面的に落ちています、モナコインは先日2000円を超えていたのですが、その後暴落。
今は1400円前後となっているようですね。

この全体的な暴落で、「買ったのに損した!」という人もいると思います。

ただ、慌てず行動しましょう、慌てるといい事がないですよ!

ビットコインが下がったために全体的に下げムード?

ビットコインは一時、240万超えの価格帯になりましたが、その後大幅に下げ、現在は150万円程となっています。

このため、ビットコインに引っ張られるように全面的に下がっている ようですね。

関連:ビットコイン(BTC)、モナコイン(MONA)、NEM(XEM)暴落!?

モナコインも最近は、一気に価格が騰がりすぎた為、投機目的での取引が多くなり、引っ張られている 印象があります。

投資では、下がった時はチャンスになる

まず、悪いニュースがある場合の下落は、チャンスにならない場合がある事を踏まえた上で、
今回の下げは、特に悪いニュースがあったわけではありません

逆に相場が下げムードの時は、買うタイミングさえ間違えなければ大きなチャンスとなりえます。

単純に200万円だったものが150万円で買えるのであれば、50万円安く買える わけですね。

そういう機会は、今から参入しようとしている人にとっては大きなチャンスになりますね。

相場の鉄則、悲観で買って、歓喜で売る、です。

逆に高値で買ってしまった人は、手放すという選択肢ももちろんありですが、価格が騰がるムードになるまで待つ 、という選択肢ももちろんありです。
むしろ下手に損切りをすると、損をするだけで終わりますので、慎重に考えましょう!

今後はどうなっていくのか?

仮想通貨は、暴騰、暴落の多いものです。
チャートを過去を追ってみるとわかりますが、このようなケースは過去、幾度となくありました。

ただし、週足で見ると、ジワジワと上昇しているのがわかると思います。

元々は先週まで100万円だったものが、150万まで騰がっている状態になっています。
今後もこの流れは続く でしょうね。

ようは下手に損切りをすると損をするケースが大半だという事です。
短期で見ずに、長期で見る事を念頭におきましょう

取引がよほど得意でない限り、短期は損で終わります
不安になるとは思いますが、耐性をつけていくのが大事ですね!

モナコインだって、700円で高値掴みをしてしまった!その後暴落した!というケースがありましたが、現在では全然プラスです。
損をした人は、慌てて手放した人だけ ですね。

というわけで、今は「安く買えるチャンス」と捉えると良い

長い目で見れば、仮想通貨全体は、全然安い です。
大事なのは、一瞬一瞬を切り取って見ないこと。連続している事を認識することです
逆神イケダハヤト氏だって、実は大きく儲けているんですよね。
参考:『まだ仮想通貨持ってないの?』逆神、イケダハヤト氏に学ぶ、仮想通貨との付き合い方とは?
そういう付き合いをするようにすることです。

特に2018年に対しての期待は高く、

マイクロソフトの元コンサルタント、クリフ・ハイ氏がAIで未来予想をしたところ、
2018年秋には、1BTC(BTC=ビットコインの単位)の価格は220万円になるというもの。

BitGoのソフトウェアエンジニアであるJameson Lopp氏は、過去の価格推移から計算したところ 2020年には2750万円程度まで価値を伸ばす 、と断言しています

仮想通貨(ビットコイン)の今後の価格予想に注目!

とまで言われています。
こうなる、というのが100%そうとは言えませんが、それだけ実用性、希少性が高まってくるという事 ですね。

なので、じっくり構えて仮想通貨と付き合っていきましょう!

暴落はチャンス、という事を踏まえて購入するのであれば、
ビットコイン、モナコイン、NEMは購入は以下の取引所からできます。

  • ビットコイン取引所 coincheck
    日本では大手で、ビットコイン以外の仮想通貨も多数取り揃えています、また使いやすいです。ただし、モナコインは取り扱っていません。

  • Zaif
    手数料も安く、すぐに購入ができます。

  • Bitflyer
    ビットコインは必ず取引所で取引しましょう。販売所は大きな損をする可能性があります。

それでは良い仮想通貨ライフを!


参加中です、クリックぜひお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d bloggers like this: