ビットコイン、100万円の大台目前!また億万長者が増えていくのか!これからの動きに注目!

ビットコインがもう、日本円換算で100万円まで来ていますね。
ビットコインなどの仮想通貨は、取引時に大台を意識される事が多いです。

仮想通貨(ビットコイン)とは?という方はコチラをどうぞ!

大台目前!これからのビットコインはどうなる!?

5月頃、20万円以下だったビットコインは、現在は100万円程
約5倍になっています。

他の人々の予測ですが、
マイクロソフトの元コンサルタント、クリフ・ハイ氏がAIで未来予想をしたところ、
2018年秋には、1BTC(BTC=ビットコインの単位)の価格は220万円になるというもの。

BitGoのソフトウェアエンジニアであるJameson Lopp氏は、過去の価格推移から計算したところ 2020年には2750万円程度まで価値を伸ばす 、と断言しています。

これからもビットコインは価値を伸ばし続けるでしょう。

日本の大台と海外の大台を意識すると良い!?

大台、というのは、例えばキリのいい数字だったり、今まで越えなかった最高値だったりします。

この近辺では、価格の動きが乱高下しやすいですね。

例えば、仮想通貨全体の日本の取引量は実に、50%を超えていたりします。
以前にこのような記事も出ていました。

ビットコイン価格乱高下 日本での取引量50%まで増加 バブル懸念も

日本での取引は現在、かなり多くを占めており、そのため、日本円換算の大台
今回で言うと100万円のラインが意識されます。

また、海外ではUSドルが意識されますので、日本円換算でいくと113万円程でしょうか。

実はポテンシャルがまだある!

実は、10月末頃に、中国がビットコインの取引を実質禁止にしました。
通達で暗転、中国・ビットコイン取引所の嘆き

少し前まで、ビットコインの取引量の9割が、中国だったんですね。
元からビットコインの換金ができなくなったため、この大量のビットコイン取引高を持っていた中国は一時的に動けなくなっています。

しかし、中国は法整備が完了した後に、取引所を再開させる可能性が高いんですね。
そうなると、取引は再び活発化し、一気に価格が騰がる可能性があります。

この中国の法整備、取引再開がどのタイミングで行われるのか、
またどのような影響力を持ってくるのかが非常に興味があります。

大台を突破した後は動きが早くなる?

大台、というのはキリのいい数字ですが、
例えば10万円の頃、というのは10万円を超える事がとても難しいです。
これは、大台付近で、

  1. 利確のため、多くが売りに出される
  2. 価格が一時的に下がる
  3. それを見た人が慌てて売却する
  4. 価格がより下る
  5. 下がった所で購入がされ、価格が騰がり始める

という循環が発生するためです。

その為に、大台を超えるのはなかなか難しいんですが、
今、ビットコインの価格から、当時はなかなか超えられなかった、10万円を見たとしても、「安い!」としか思えないと思います。
このように、仮想通貨は大台を超えた後は、一気に登っていきやすい傾向にあります。

今後のビットコインの動きに注目!

今後のビットコインの動きをじっくり見守りましょう。
ビットコインキャッシュなどの動きにより、一時的に乱高下などは発生するかもしれませんが、
現時点で基軸が覆る、というのはとても可能性として低いですよね。

次の大台は200万、300万、となっていくと思いますが、そのときには自分の資産も2倍、3倍となっているはずですね。楽しみです!

もし、今はまだ仮想通貨を持っていない人は、購入するなら取引所のアカウントが必要になります。 

  • ビットコイン取引所 coincheck
    • 日本では大手で、ビットコイン以外の仮想通貨も多数取り揃えています、また使いやすいです。
  • Zaif
    • こちらも大手です、ビットコインの他に取り扱っている通貨は多くはありませんが、手数料などが安いです。

上記の様な取引所は大手ですので安心して利用できます。
ただ、アカウントの認証(使えるようになるまで)は本人確認などで2週間以上の時間がかかりますので、まずは購入する、しないは置いておいて、まずはアカウントを準備しておくと動きやすくなります。


参加中です、クリックぜひお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d bloggers like this: