ビットコインや仮想通貨は不安!?損をしないための知っておく必要がある事① リスクについて解説

まず、前提として、仮想通貨が不安 と感じる人で、調べている人は、
興味があるが、まだ持っていないし、今後持つかもわからない
という状態か、
あるいは勢いでもってしまったが、今後が不安になっているという状態でしょうか。

不安な状態で手を出すのはマズイ。

買う、買わないは別にしても、興味がある以上は、いずれ手をだす可能性は高いでしょう。

これはしょうがないと思います。日々、「●●が高騰!」、「ビットコインがついに100万円!」など、伝えられてくるので、持っておけばよかったな という感情が湧くのはしょうがないですよね。

ただ、漠然とした不安がある中で手を出さないほうがいい理由があります。
それはパニックに陥りやすくなってしまい、損をする可能性が極めて高いのです。

儲かる人は、感情で取引をする事がほぼありません。
パニックにならず、冷静に状況を分析して取引をします。

その人達から見れば、パニックに陥る人は格好の的になってしまいます。
なので、手をだす前に、パニックにならない、不安にならないようにしていきましょう。

不安を分析してみる

持つことに踏み切れない、踏み切ったが漠然とした不安がある、という人は多いと思います。
この場合、不安を分析していくことで、不安と向き合う事ができると思います。

どのような不安があるのか?

仮想通貨を持つ事に対しての不安はなんでしょうか?
まず、リスクの問題が一番大きいのかなと思います。
次に、税金など、支払いに対しての心配 や、ハッキングなどによって突然失う可能性の問題でしょうか。
また、仮想通貨そのものが良くわからないなどの情報の不足、などもありますね。

今回はこのリスクの問題について考えていきましょう。

リスクの問題について

この場合は、お金を失う可能性があること が一番だと思います。
せっかく貯めた、稼いだお金を失うのは嫌ですからね。

また、このお金を失う事によるペナルティも当然ありますが、それは副次的なものです。(使ってはいけないお金、借りたお金など)

お金を失う可能性がある場合、というのは、

  1. 投資する仮想通貨が失敗だった
    • 思った以上に価値が伸びない、あるいは下がったなど
  2. 詐欺コインなどに手を出してしまった。
  3. 投資した後の価格の変動が気になってしまい、下がった際につい売ってしまった。
  4. 信用取引でロスカットを受けてしまった。
  5. 取引所がハッキングされ、ビットコインを取られてしまった。

特に先日の、ビットコイン暴落の際に損をした人は多いと思います。
ビットコインがわずか10分で30万円下落!原因は?暴落から学ぶ仮想通貨

大事なお金を失わない為にはどうすれば良いのか?

冷静に取引をする

当たり前ですが、取引においては、勝つ人、負ける人儲かる人、損をする人 が出てきます。

取引で大事なお金を失わない為には、冷静に取引する事ですね。
パニックになると、間違いなく損をします。

これは、無理な損切りなどです。

これさえ守れば負けない、仮想通貨取引の鉄則『3ヶ条』!

パニックになると、普通ではありえない取引をしてしまう事があります。

パニックになるのはまず、大幅な下落が発生した時ですね。
その下落は回復する見込みがないのか?あるいは少し先では回復するのか?を考えて、損切りなどの判断を、先を見据えてしていきましょう。

取引所のハッキングに対応をする

2011年6月に、Mt.Goxの事件などが一時期テレビを賑わせていたのは覚えている方もいるかもしれません。
せっかく手にいれた仮想通貨も、ハッキングで消失すれば0になります。

上記の事件が発生してから、ハッキングに対しては各取引所、かなりシビアになっていますが、いつまた同様の事件が発生するかはわかりませんね。

その為、大量に手にしている場合は、ウォレット(お財布のようなもの)に退避して保管するようにしましょう。

また、個人のアカウント自体が乗っ取りを受けてしまう場合があります。
そのため、取引所は、基本的に2段階認証と呼ばれる仕組みを導入しています。
ログイン時にID,パスワードだけではなく、さらに認証する仕組みによって乗っ取りを防ぎます。

すこし煩わしく感じますが、大事な資産を守るために、必ず設定していおきましょう。

怪しい仮想通貨などにはなるべく手を出さない

仮想通貨は、今ようやく世間に認知され始めたぐらいの、まだ始まったばかりの仕組みです。

そして、儲かるという印象が強いですよね。

そのような場合は、詐欺などが横行しやすい環境です。

まず、自分がそれほど調べていない、漠然とした状態でそれを購入する、参加するのはやめましょう。
しっかり調べた上で、判断をする、第三者の詳しい人に話を聞いてみる、などを心がけるのが良いです。
騙されないように注意!仮想通貨にある詐欺コインとはどんなもの?
気をつけよう、ビットコインを使った甘い誘惑。実際にHYIP詐欺に引っかかって見た体験記

もし参加するとしても、できる限り少額で、ダメージの少ないようにしましょう。

でも失うときには失う

当然ですが、全員が全員儲かるものではありません、取引はあくまで、他の人からお金をもらって成立するようなものです。

儲かる人は、損をしている人からお金をもらっているような状態ですね。
儲かる立場になるのか、損をする立場になるのかは、あなたのやり方次第なんです。

仮に損をするとなったとしても、その際に、なるべくダメージを受けないように、しっかりとリスク管理をしていきましょう。

その為には、余剰金でかならずやることです。
使ってはいけないお金に手を出すと、少額の損が出た瞬間にパニックになります。
そこから取り戻す事を考えすぎて、泥沼になります。

余剰金であれば、最悪失っても気分的な問題だけで済みますので、必ず余剰金で取引しましょう。

取引所のZaifなどが行っている、積立方式も良いですね。
月々にいくらずつ、購入をしていくという仕組みですので、余剰金になります。

次回は別の不安要因である、情報についてをまとめていきますね。

ランキング参加中です、多くの人に伝えたいため、気になったらぜひクリックをお願いします!


参加中です、クリックぜひお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d bloggers like this: