ビットコイン(BTC)や仮想通貨のブロックチェインがすごいらしいけど、結局なんなの?

仮想通貨、ビットコイン(BTC)のブロックチェインがすごいらしいけど、結局なんなの?

このブログでは興味があるが、仮想通貨(ビットコイン)が何か分からない、不安、という方を対象にわかりやすく情報をお伝えしていきます!
仮想通貨(ビットコイン)についてはこちらの記事をどうぞ!

今回は仮想通貨を調べていると、良く出てくる単語「ブロックチェイン」についてわかりやすく解説していきます。

仮想通貨のブロックチェイン?

突如、ブロックチェインについての論文を提出した人、「サトシ・ナカモト」。
彼の書いた論文により、ブロックチェインという言葉は生まれ、一気に加速しました。

ブロックチェインについて、言葉どおりの解釈をすると、ブロックを繋げていく(チェインする)という事になりますね。

そのブロックチェインとは一体何か?

簡単に説明すると、合意の仕組み などになります。

銀行の仕組みとは異なる仕組みで、取引の合意をする事です。

銀行の仕組みとの違い

銀行は、当然ですが銀行が送金や入金のデータの管理をしていますよね。
例えばUFJ銀行であればUFJ銀行が、送金、入金のデータを管理しています。
偽装などがあれば、銀行の管理しているシステムが止め、偽装できないようにしています。

実はこれ、すごくお値段がかかってしまいます。
まぁ、沢山の人数のお金の管理をするのですから、当然といえば当然なのですが。

これが銀行の仕組みです、一箇所で管理しているので、「中央集権型」 などと呼ばれます。

対して、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨は 「非中央集権型」 と呼ばれます。

中央集権型と非中央集権型の何が違うのか、という点ですが、
管理する人(銀行など) がいるか、いないか、という事ですね。

管理する人がいなくて送金や入金が成り立つの?

ここが仮想通貨のブロックチェインの革新的な所になります。
仮想通貨は、管理する人がいない状態ですが、入金や送金が成り立ちます。

なぜか?

銀行などの中央集権型の管理は、お金がかかります。
お金とは、言い換えればサーバ、パソコンの費用など、パワーみたいな物ですね。

対してビットコインは、
管理を沢山の人で、手分けしてやれば一人一人のお金は大した事ないんじゃないの? という考え方です。

一人でやるからお金がかかりすぎる、でも沢山の人で分ければ一人ひとりはそれほどかからない。
また、大規模なシステムになりにくいので、運営のコストもかからない。

という事です。

そこでブロックチェインはこうした

沢山の人の取引を、円滑に進めるためにどうするか、
AさんとBさんが取引をしようとした時に、
Cさん、Dさん、Eさん、・・・・・Iさん など、沢山の人が問題ないことを確認する、という様になりました。

これにより、例えば10人中、5人の取引履歴と整合性が合わないのであれば、取引を成立させない、などができ
Aさんが例え 仮想通貨を偽装して増やしたとしても取引ができない。 という事になります。

これにより、ビットコイン(BTC)の偽装は大変困難(ほぼ不可能)という事になりました。
少ないコストで、銀行と同じような仕組みを実現する事ができたんですね。

そして、この処理した内容を 「ブロック」 と言われる取引履歴に詰めていきます。
そのブロックには容量が設定されていて、上限になったら、次のブロックを生成して、またそこに取引履歴を詰めていきます。

イメージ
ブロックチェインの仕組み

このように詰めていったブロックが繋がっていく事から、 ブロックチェイン と言われる仕組みになっています。

まとめ

ブロックチェインは、銀行と同じような取引の履歴保持を、とても安価に実現することができた仕組みです。
また、これは取引履歴だけではなく、例えば契約書など、消えてしまっては困るものなどの管理にも向いています。

そういった仕組みが、これから仮想通貨の仕組みを使ってどんどん出てくると思います。

それほど、ブロックチェインの仕組みは革新的だった。
今まで昭和から続いてきたものの根本から変える、次世代の管理の仕組みだった。
という事になりますね。

そんな最先端の技術に触れていけるのは、幸せなのかもしれません。


参加中です、クリックぜひお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d bloggers like this: