モナコイン(MONA)上昇!ついに900円台へ!モナコインの未来は明るい!?

モナコインが先日の暴落から回復し、900円を突破 しはじめましたね。

焦って売らずに取っておいた人はほっと一安心、といった所でしょうか。

先日発生した、大暴落とは?

モナコインは、11月29日、アメリカでオープンされた日本の取引所Bitflyerで、取扱がされなかった事を受けて900円から600円前後まで暴落をしました。

モナコインが暴騰&暴落!一体何があったの?これからどうなる?

これは日本のBitflyerではすでにモナコインが扱われている事から、アメリカでも取り扱われるだろうと思っていた人たちの失望売りと、それに付随して狼狽えた人たちが売ってしまった為に発生しました。

その後、堅調に推移し900円台に再突入

しかし、その後に堅調に推移し、再度900円を超えました。

焦って売ってしまうと、このようにただ損をする、という事が発生しますので、気をつけたほうが良いですね。

これさえ守れば負けない、仮想通貨取引の鉄則『3ヶ条』!

モナコインから学ぶ、仮想通貨の心構え

このように、仮想通貨は「期待とは違った」という理由で暴落をします。
これは噂レベルから起きますので、かなり厄介ではありますね。

その為、暴落を見た人は、焦って手放そうとします。これは仕方のない事かもしれませんが、しっかりと、 噂なのか事実なのかや、それが仮に実現しなかったとした場合の影響、をしっかり考慮した上で売買に望みましょう。

今回のモナコインは噂で上昇していますが、別に悪材料が出ていませんので、その後、いつか上場するだろう と考える人が増えてくるはずです。
また、暴騰や暴落はニュースになりやすく、関心が向きます。
その為、今まで見向きもしなかった人が手を出し始めるので、その後に伸びやすい傾向があります。

今回のように価格は徐々に伸びていき、ある程度の所で安定する傾向がありますね。

仮想通貨は中長期目線で、焦って売買を繰り返さない方がいいでしょうね。

ランキング参加中です、多くの人に伝えたいため、気になったらぜひクリックをお願いします!

今後の展望は?

モナコインは日本での知名度はそこそこになってきましたが、海外ではやはりまだまだです。

その為、今後は海外取引所への進出と、海外マーケティングへの注力がされていくと考えられます。

その時は恐らく、アメリカのBitflyerが皮切りになるのではないでしょうか。
使えるところも増えてきており、これからも楽しみな通貨の一つです。

どれほど騰がるかというのは、判断がつきませんが、ここから大きく下がる可能性というのもかなり低い気はしています。

ただ、チャートに踊らされず、やはり自分で判断しが安いと思えば買う、高いと思えば見守る、というのは守った方が良いでしょうね。


参加中です、クリックぜひお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d bloggers like this: