大事な通貨が盗まれる!BINANCEなどのフィッシングサイト、詐欺サイトには注意しよう!

Twitterなどで、度々、「資産が盗まれた」という報告が出ていますね。

ID,パスワードを盗まれて、別のアドレスへ資産を移動されてしまう、という事が起きる事があるようです。

今回はその一つの方法、フィッシングサイトと呼ばれるものについて、学んでいきましょう!

フィッシングサイトとは?

フィッシングサイトは、インターネットバンキングなどを利用していても遭遇してしまいます。

見た目は全く同じ、あるいは多少変わっている程度です。

ただ、ID、パスワードを入力してしまうと、そのIDとパスワードを盗まれて、本当のサイトの資産も盗まれてしまう、という凶悪なサイトです。

COMSAのICO時にも発生していました。


本当のスペルは comsaですが、画像を見て分かる通り、cornsaとなっていますね。

パッと見、間違えてしまいますが、こちらはフィッシングサイト

入力してログインし、BTCなどを送金すると、それを全て盗まれてしまうというサイトでした。

このように、似たようなサイトを作り、そこに人を誘導して資産を盗むのが、フィッシングサイトの手口です。

フィッシングサイトはGoogleの上位に表示される事がある

フィッシングサイトを避ける為に、Google検索を使用しても、それがフィッシングサイトだった、という事がありえます。

Googleは、一番上の表示に、リスティング広告が表示されます。

この広告は、お金を払えば、狙ったキーワードで誰でも表示させる事が可能です。

画像は正しいURLですが、この広告を常に正しいURLだと思ってクリックしてしまうと、フィッシングサイトに移動してしまい、ID、パスワードが盗まれる危険があります

2段階認証も盗まれる危険性

BINANCEのフィッシングサイトでは、2段階認証を設定していたのに盗まれる、という事があるようです。

それは、フィッシングサイトで2段階認証を入力してしまったために、ID,パスワード、2段階認証のコードを盗まれ、ログインされてしまうからですね。

一度でもログインされてしまうと実質終わりです。

回避方法は?

先程のCOMSAの例の通り、見た目だけではかなり分かりづらいです。
Googleや誰かが貼ったURLである場合、必ず正しいURLである事を確認しましょう

そして、一度正しいURLをクリックした場合は、そのサイトをブックマークしておき、以後はブックマークから入るようにしましょう

  • URLが正しいものか確認すること。
  • 正しいものをブックマークしておき、以後はそのブックマークから移動すること。

これだけでフィッシングサイトによる被害はほぼ無くなります
BINANCEの正しいURLは以下のURLですが、これも疑ってかかってくださいね。
表示されている物と、リンクされているURLは別物だったりする事もあります。

https://www.binance.com/

取引所自体に資産を置きっぱなしにしてしまうと、ハッキングなどで盗まれてしまう可能性があるので、ウォレットに移すなど、資産は必ず自衛しましょう!

また、仮想通貨は儲かる、という印象が強いため、甘い言葉に簡単に騙されてしまう人がいます。

そういうのも全て疑ってかかってくださいね。

貯めるのは大変でも、なくなるのは一瞬ですよ。

GORIです。応援よろしくお願いします!


 


参加中です、クリックぜひお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d bloggers like this: