電子マネーと仮想通貨の違いとは?

このブログでは興味があるが、仮想通貨(ビットコイン)が何か分からない、不安、という方を対象にわかりやすく情報をお伝えしていきます!
仮想通貨(ビットコイン)についてはこちらの記事をどうぞ!

電子マネーと仮想通貨の違いとは?

仮想通貨の話をしていると、「仮想通貨?それって結局、電子マネーでしょ?」という意見を良く聞きます。

仮想通貨と電子マネーはとても良く似ていますが、『似て非なる物』 になります。

それぞれの特徴と、違いを見ていきましょう。

電子マネーの特徴

大分身近になり、コンビニやスーパーなどでも利用できるようになった、電子マネー。
電子マネーはお金を持たず買い物ができ、大変便利になってきています。

ただ、電子マネーは事前に入金する必要があり、(クレジット・カードから自動引き落としも可能ですが)
入金したら入金した分だけ、利用する事ができます。

有名なものだと、

  • Edy
  • Suica(公共交通系カード)
  • PASMO
  • iD
    などがありますね。

電子マネーは、普通にお金の代わりに、お金を持たず買い物ができる、という感じですね。
一言で言うと、今まで日常的に使ってきた、お金の延長線上にある訳です。
ただ単に、利便性が上がった事になりますね。

仮想通貨の特徴

対して、仮想通貨は、
新しい通貨 という立ち位置になります。
通貨というと有名なのでお馴染みの、円、ドル、ポンド、ユーロなど、国が管理、発行する 法定通貨 と呼ばれるものがあります。

この法定通貨と同じ立ち位置にあるのが、仮想通貨というものになります。

法定通貨は、国が管理、運営している為、
日本とアメリカなど、国を跨いでの取引をする際は、日本円からUSドルに換金し、取引をします。
その為に手数料などが発生する訳ですが、
仮想通貨などは、例えば ビットコイン(BTC)の場合、ビットコインのまま取引ができます。

言ってしまえば、日本だろうとアメリカだろうとオランダだろうと、経済圏が同じになるという事ですね。
経済圏が同じになるのは実は、相当強く、ヨーロッパではEU(ヨーロッパ連合)として連なり、経済圏を統合、共通の通貨である、ユーロで生活していますね。

このように、電子マネーなどとは思想や使い方も全く違う、新しい通貨、となります。

ということは、いずれ電子マネーの代わりに仮想通貨となるの?

新しい通貨で、電子マネーとも似ている、となると、いずれは電子マネーにとって変わる可能性があります。

ただ、それは近い将来の話ではなく、大分先の話になるでしょう。

まだ仮想通貨は弱点も多く、不安定さも多い為です。

日本円などの法定通貨は、長い年月をかけ、信用の向上と安定をさせてきました。
そのような流れが起きた後に、仮想通貨は一般的な地位を得て、電子マネーなどの代わりをつとめて行くことになると考えられます。

まとめ

しばらくは、日常での利用は電子マネー、投資、投機目的は仮想通貨、という立ち位置になると思います。
これは仮想通貨の値段が上がっていく可能性が高いためですね。
取引をするより、持っておいた方が得をすると考える人が多い為です。

その後、価格の安定、信用の安定など、地盤が築けたら、一般的な取引に利用されていくようになると思います。
そこが確立されない限りは、取引で使用される際に、店舗側もある程度のリスクを負ってしまいますので、しばらくは末事になりそうです。

しかし、売買取引などで使用できる箇所は徐々に増えてきていますので、そう遠くない未来かもしれません。


参加中です、クリックぜひお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d bloggers like this: