今、巷で話題の仮想通貨、ビットコインってどんなもの!?

このブログでは興味があるが、仮想通貨(ビットコイン)が何か分からない、不安、という方を対象にわかりやすく情報をお伝えしていきます!

仮想通貨(ビットコイン)とは!?

最近急にニュースなどで耳にするようになった仮想通貨(ビットコイン)ですが、
どのような物なのでしょうか?

詳しくは別の記事に書く予定ですが、簡単に説明すると
国や銀行などの管理者のいない通貨 、という事になります。

いままで円などは日本が国として発行をしていました。
法定通貨と呼ばれるものですね。

 

ただ、ビットコインには国や銀行などの管理者がいません
そして、改ざんなどがとても難しく、誰がいくらを所持しているのかは全て記録されています。

そのような理由から、手数料なども安くなり、日本からアメリカなど、国をまたいでの送金、支払いなども容易になっています。

円などの法定通貨だと、円からUSドルなどに換金した上で支払いが発生しますので、その場合に手数料が発生してしまいます。

クレジットカードも支払い手数料などがありますが、このような手数料が圧倒的に安いんですね。

そのため、世界中で、いま、話題になっています。

 

仮想通貨(ビットコイン)は怪しい!?

結論から言ってしまうと、怪しくありません。
いろいろな人になぜ怪しいと思うのか聞いてみた所、怪しいと思う印象は以下のような理由が多いようです

  • マウントゴックスのニュースを聞いた
  • ブロックチェインなど聞きなれない言葉が多い
  • 国が認めていない
  • 電子データならいずれ消えてしまうのでは

マウントゴックスのニュースを聞いた では、マウントゴックスという取引所で2014年3月7日に発生したビットコイン消失のニュースです。

当時は、かなりのニュースになったので、見た人も多いんじゃないでしょうか?


これは、マウントゴックスという取引所のセキュリティが甘くハッキングをされビットコインの価格を不正に操作する、という事件でした。

取引所の問題だったため、ビットコイン自体の問題ではありません。
また、今はセキュリティも強くなっており、取引所にあずけて置くことが不安であれば自身で管理する事ができるウォレット(お財布のようなもの)があります。

ブロックチェインなど聞きなれない言葉が多い ですが、仮想通貨は新しいテクノロジーであり、聞きなれない言葉が多く出てきます。
ただ、それは内部の仕組みの話であり、利用者がそこまで詳しく知る必要はありません
今後記事として詳しく書いていきますね。

→ブロックチェインについて記事を書きました!

 

国が認めていない ですが、仮想通貨(ビットコイン)は管理者がいません。
その為、国が認める、認めないは基本的には関係がなく、制御ができないんですね。

全世界の人々がここまで流行っているビットコインを一斉に辞めるという事でしか止める方法がありません。
また、最近では各国、仮想通貨(ビットコイン)の存在と流通を認める方向になっています。

電子データならいずれ消えてしまうのでは ですが、
電子データとはいえ、様々なサーバ(データ保存場所)で管理されている様になっています。
いろいろな人の取引、所持量などが様々なサーバで、分散して同じ内容を管理しているんですね。
その為に、一つのサーバがなくなったところで問題が発生する事はありません。
これも全てのサーバが停止してしまったら可能性としては出てきますが、まず有り得ないと考えて良いでしょう。

仮想通貨(ビットコイン)の使いみちは?

仮想通貨の使いみちについては現在はまだ、それほど多くはないのが現状です。
しかし、徐々に支払いとして使用ができるサービスが増えてきています。
今はビッグカメラなどの大手量販店で買い物ができる事と、amazonなども参加予定というニュースが出てきています。

いずれは家などの大きな買い物も仮想通貨(ビットコイン)で購入できるようになってくると思います。(実際に家を買うというニュースがヨーロッパなどで起きています)

今から参加するのは遅い!?

仮想通貨は日本では 2017年5月頃から盛り上がりを見せていました。
大きく価格が動きだしたのもこの時期ですね。

当時は1BTC = 10万円 ~ 30万円程になっていきました。

現在はそこからさらに価格も上がり、80万円前後で推移しています。

しかし、仮想通貨の盛り上がりは始まったばかりなので、はさらに金額が上がる見込みで

2030年までに「1ビットコインの価格は50万ドルに達する」

とまで言われています。
50万ドル(日本円で5600万円程)はすごいですね!

仮想通貨はこれから社会的な地位を得ていくと考えられます。
なので、むしろ今はまだ早いぐらいですね!

仮想通貨はどのように手に入れる?

まずは日本円から仮想通貨(ビットコイン)に換金する必要があります。
その際は、専用の取引所を使います。

日本円で仮想通貨(ビットコイン)を購入する、という感じですね。
日本円で購入できる取引所には複数ありますが、代表的な取引所は以下になります。

  • ビットコイン取引所 coinchec
    • 日本では大手で、ビットコイン以外の仮想通貨も多数取り揃えています、また使いやすいです。
  • Zaif
    • こちらも大手です、ビットコインの他に取り扱っている通貨は多くはありませんが、手数料などが安いです

上記の様な取引所は大手ですので安心して利用できます。
ただ、アカウントの認証(使えるようになるまで)は本人確認などで2週間以上の時間がかかります。
仮想通貨が盛り上がる時はすぐに来てしまいます そこからアカウント作成をしていると間に合わないですね。

そのため、購入するしないは置いておき、
まずは無料でアカウントだけ作っておいて、すぐに使えるようにしておくのをオススメします。


参加中です、クリックぜひお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d bloggers like this: