ビットコインの仕組みを知ろう、安全?危険?

このブログでは興味があるが、仮想通貨(ビットコイン)が何か分からない、不安、という方を対象にわかりやすく情報をお伝えしていきます!
仮想通貨(ビットコイン)についてはこちらの記事をどうぞ!

日本円(法定通貨)とビットコインの違い

日本円は政府が管理、銀行が発行をしています
どれだけの量を発行するかなどは国が管理しているんですね
そして日本円の価値は、信用で成り立っています
国と政府の財政や国の運営に対しての信用で価値があるために、問題がない限りは安定した価値になっています。
逆に言えば失敗しようと思えば失敗が可能です。

少し前ですが、ジンバブエという国が政権運営で大きく信用を落とし、大暴落して現在はほぼ、無価値な状態になってしまいました。

これが法定通貨のリスクとも言えるかなと思います

対して、ビットコインですが、
管理、運営する団体などがありません。コミュニティはありますが、あくまでコミュニティです
誰かが価値をコントロールできないんですね

しかし、こちらも信用で成り立っています
どのような信用により価値が上がるのかというと、法定通貨とは違い

  • 発行枚数がどれだけあるのか
  • 誰がいくらもっているのか
  • 誰が誰と取引したのか

ということが完全に分かるようになっています
要は改ざんができない仕組みとなっています

その為、ビットコインは価値を安定させる事ができ、さらに発行枚数に上限があるために希少価値が出てくるため、価値が上がる、という仕組みになります

ビットコインの仕組みとは!?

ビットコインの仕組みは意外と単純です
AさんとBさんが取引をした場合で説明します

Aさんが1BTC(ビットコイン1枚の単位、円と相当)をBさんに送った場合
AさんとBさんの台帳の記録としては、AさんがBさんに1BTCを送付した、と記録されます
その上でAさんには1BTCを減らし、Bさんに1BTC増やす、という事です

さらに、CさんやDさんにも、AさんがBさんに1BTCを送付した、という記録がされます
この記録は正しいのかという検証をCさんやDさんなど、他の人が実施します

もし、Aさんが1BTCを送った事に対して改ざんされていないのであれば、CさんやDさんはそのデータを正しいものとして承認し、取引が完了します

実際にはCさん、Dさんはもう少し沢山の人がやってくれています

このようにして、データが改ざんされるのを第三者が確認して取引を行えるようにしてるため、改ざんが発生しない(とてつもなく難しい)という事になります

ビットコインは危険?安全?

上記のような仕組みから安全と言えます
危険な場合としてはビットコイン自体のアップデートに際して、バグなどが発生してしまい、そのバグをついた攻撃をされた場合です
ビットコインは日々、コミュニティにいる多くの人々によって開発され、進化をしています

その際にバグが入ってしまう事も可能性としてはありますが、
コミュニティでは、アップデートを行う際に厳しいテストを実施しています
その為、バグが混入する可能性は極めて薄いです(特に重要な部分に関しては特に)

そういった点から見ても、安全といえるでしょう。

安全な仮想通貨はどのように手に入れる?

まずは日本円から仮想通貨(ビットコイン)に換金する必要があります
その際は、専用の取引所を使います

日本円で仮想通貨(ビットコイン)を購入する、という感じですね
日本円で購入できる取引所には複数ありますが、代表的な取引所は以下になります

  • ビットコイン取引所 coinchec
    • 日本では大手で、ビットコイン以外の仮想通貨も多数取り揃えています、また使いやすいです。
  • Zaif
    • こちらも大手です、ビットコインの他に取り扱っている通貨は多くはありませんが、手数料などが安いです

上記の様な取引所は大手ですので安心して利用できます
ただ、アカウントの認証(使えるようになるまで)は本人確認などで2週間以上の時間がかかります
仮想通貨が盛り上がる時はすぐに来てしまいます そこからアカウント作成をしていると間に合わないですね

そのため、購入するしないは置いておき、
まずは無料でアカウントだけ作っておいて、すぐに使えるようにしておくのをオススメします


参加中です、クリックぜひお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d bloggers like this: