これだけ高騰したビットコイン、問題点とかはあるの?

このブログでは興味があるが、仮想通貨(ビットコイン)が何か分からない、不安、という方を対象にわかりやすく情報をお伝えしていきます!
仮想通貨(ビットコイン)についてはこちらの記事をどうぞ!

仮想通貨(ビットコイン)に問題点はあるのか?

素晴らしい技術で金融に革命をもたらすと考えられている仮想通貨(ビットコイン)。
この仮想通貨(ビットコイン)に問題点はあるのでしょうか?

ビットコインを所持するにしても問題点があるのであれば把握しておいた方が良いでしょう。

やりとりに時間がかかる

仮に、AさんとBさんでビットコインを交換しようとした場合、
今の仕組みではおおよそ1時間~3時間程度、着金まで時間がかかってしまいます
これはビットコインの内部の仕組みに限界が来ており、
日々増える取引量に仕組みが耐えられない状態になってしまっているためなんですね
その為、日々どうするかの議論などがされていますが、それがビットコインの分裂問題に発展したりします。
それにより価格の下落が発生したり、暴騰したりなどが発生しているのも問題となります。

法が整備されきれていない

仮想通貨は最近一気に注目を集めてきました
2017年8月頃~10月頃まで、各国もいろいろな見解を出し、混乱した事がありました
また、日本においても、税金の問題や取引所の管理などの整備を進めてきています
少し前までは税金についてはかなり混乱していましたが、今現在は国税局から統一の見解が出されて収束しています
まだ整備しきれていない部分は多々ありますが、少しずつ収束していく事になります

国が法律で運営を止める可能性がある

10月に中国で、取引所の停止が国により決定されました
これにより、中国では元からビットコインなどの換金ができなくなり、事実上の停止となっています。
このように国が何かしらの条例などを取引所に設ける事で問題が発生する可能性があります
しかし、日本や他の諸外国では、仮想通貨を認め、法により整備する事でまとまってきています

取引所での盗難など

マウントゴックスの事件に代表されるように、取引所はハッキングされる可能性があり、100%安全というわけではありません。
しかし、取引をする上において、入金やそこへ仮想通貨(ビットコイン)を預けるという事は必要になります
そこで仮想通貨では、ウォレット(財布のようなもの)を提供しており、そこへ自分の持っている仮想通貨(ビットコイン)を保存する事ができます。
このウォレットは自分以外はアクセスができないようになっており、取引所のハッキングなどにより消失するリスクを無くす事ができます

取引したいときだけ取引所に移す、という事ですね

詐欺の仮想通貨など

仮想通貨は実はビットコインだけではありません。
ビットコイン以外の仮想通貨を アルトコイン(オルトコインとも) と呼びます。
このアルトコインは世界中で作られており、ビットコインと類似したものや、全く別の考えを持ったものなど様々な種類があります。現時点でも400種類以上あります。
しかし全てが健全な運営をされているものではなく、詐欺コイン、と呼ばれるものも数多く存在してきました
仮想通貨取引では、そのような詐欺コインを買わないように見極めて買う必要があります

問題点をまとめると

仮想通貨はまだ話題になり始めたばかりですので、今から色々と法などが整ってきます
しかし、大枠はもうすでに固まっており、今はすでに安全になりつつあります
また、詐欺を見極めるや、ウォレットを活用する事で自衛する事ができます

安全な取引をするためには?

以下の取引所は2017年10月から必須とされる
改正資金決済法の仮想通貨交換業者としての登録を完了した、安全な取引所です
ここではいわゆる詐欺コインというものを扱っていませんので、安全に取引が可能です

  • ビットコイン取引所 coinchec
    • 日本では大手で、ビットコイン以外の仮想通貨も多数取り揃えています、また使いやすいです。
  • Zaif
    • こちらも大手です、ビットコインの他に取り扱っている通貨は多くはありませんが、手数料などが安いです

ただ、アカウントの認証(使えるようになるまで)は本人確認などで2週間以上の時間がかかります
仮想通貨が盛り上がる時はすぐに来てしまいます そこからアカウント作成をしていると間に合わないですね

そのため、購入するしないは置いておき、
まずは無料でアカウントだけ作っておいて、すぐに使えるようにしておくのをオススメします


参加中です、クリックぜひお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d bloggers like this: