仮想通貨(ビットコイン)はどうやって使えばいいの?

このブログでは興味があるが、仮想通貨(ビットコイン)が何か分からない、不安、という方を対象にわかりやすく情報をお伝えしていきます!
仮想通貨(ビットコイン)についてはこちらの記事をどうぞ!

ビットコインってそもそも利用できるの?

はい、ビットコインは仮想とはいえ、通貨の立ち位置は変わらず買い物などに利用ができます
ただ、その辺の雑貨屋さんで気に入ったアロマキャンドルを見つけてレジに持っていき、
「支払いはビットコインで」と言っても、現在はほとんど通じないでしょう

クレジットカードほど

使える場所はかなり限定的?

現時点では直接、使用できる場所は限定的です
ただ、かなりの勢いで増えている事は事実です

 

また、大手としては ビックカメラなど が利用ができます

こちらの情報では

2016年末の段階で ビットコインが使えるお店 は、2015年比で 4.6倍だったが、今年は更に規模が拡大し 57倍

となっていますので、今後ますます決済として利用できる箇所は増えてくるでしょう

また、ビットコイン対応のオンラインショップもあります

ビットコイン対応のオンラインショップ

  • Bitcoinmall
    仮想通貨決済専門のネットショッピングモール
  • DMM.com
    レンタル、通販など
  • Touch mall
    社会貢献型ショッピングモール

のようにビットコイン専用、あるいは対応というショップがあります

また、あのオンラインモール最大手、Amazonも参入の噂がでています
Amazonが来たらかなり便利ですね!

使えるのか、使えないのかを確認しながら使うのは難しい

店舗で使いたい場合、
今はオンライン上で確認できるのでそれほど手間ではありませんが
やはり、入店前にビットコインが使えるかを確認する というのは、いささか疲れます

しかし、クレジット・カードと同じように使用ができれば、クレジット・カードに対応したほとんどの店舗で利用ができます

クレジットカードと同じように店舗で利用するには?

クレジット・カードではありませんが、ビットコインでチャージができるデビッドカードを利用しましょう
基本的には、ビットコインやその他仮想通貨をチャージしておくと、決済時に日本円で支払ってくれるカードです。
クレカと違い、後から実際に支払う事はできませんが、チャージさえされていれば クレジット・カードと同じ店舗で利用ができます

現在、ビットコインからチャージができる様々なデビッドカードが出ています

また、これらのデビッドカードはATMから現金として引き出すこともできますので、急な現金での支払にもありがたいですね

VANDLE CARD(バンドルカード)

大手取引所coincheckと連携したカードです
国内業者の発行となり、登録や利用までが簡単にできます
また、チャージもcoincheckから簡単にチャージする事ができます

Wirexカード

「海外での利用だと手数料が無料」と「限度額が無制限」というメリットがあります
また、37種類以上のビットコイン以外の仮想通貨に対応しており
ビットコイン以外のものを購入したい、使用したいという場合は良いかもしれません

UQUIDカード

ビットコインを含めれば89種類の仮想通貨に対応しています
これは恐らく他のカードに比べ、最多の対応数です

デビッドカード利用時の注意

デビッドカードはクレジットカードと同じように店舗で使え、オンラインショップなどでも利用できますが
基本的には事前にチャージが必要になります

しかし、チャージした段階でビットコインとして、相場から切り離されてしまいます

チャージした段階で1BTC”””” = 100,000円だったとして、決済時に 1BTC = 800,000円に値上がりしていたとしても、
カード内の残高が100,000円のままです

余裕をもってチャージ、ではなく、必要になる分だけチャージしておくのが無難かもしれません

それではビットコインで便利なお買い物をお楽しみください!


参加中です、クリックぜひお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d bloggers like this: