NEM(XEM)、100円をついに突破!COMSAも400円台で上昇傾向?

ついにNEM(XEM)が100円を突破しましたねー。

長い眠りから覚めて、これから一気に加速していきそうな勢いのここ最近ですね。

仮想通貨、NEMとは

NEMは、仮想通貨(アルトコイン)の一つ で、Zaifが運営する企業、テックビューロがブロックチェインの中心となる、「mijin」 を開発しています。

このmijinを使って発行されたのが、NEM(XEM)という仮想通貨ですね。

NEMは投資、取引よりも、実用性を重視しているという特徴と、

取引を多く行った、沢山保持しているなどから算出される重要度が高いと、報酬を多くもらえるハーベストというのが特徴です。

なぜこんなに期待されているのか?

NEMは2018年2月に大型アップデートを控えています。

カタパルトと呼ばれるプロジェクトで、今でも取引が早いNEMが 圧倒的に高速になる とされています。

今は、仮想通貨人口も増え、送金に時間がかかるようになってきた仮想通貨全体ですが、
NEMはこれに対して 秒間 4,000 件の取引の処理性能を備える事になります。

仮想通貨代表のビットコインが秒間 14 件、銀行でも使われるようになってくるリップルが、秒間 1,500 件、と比較すれば、どれほど早いかが分かるでしょう。
>>参考: 皆さん、お待たせ!リップル(XRP)が急騰!一体何があったの?今後どうなる?

ちなみに世界最大規模のクレジット・カード、VISAでは秒間 5000 件、と言われています。

すごい処理能力です!
送金に関しては、これで右に出る仮想通貨が現時点ではなくなるわけですね。

カタパルトは2017年、ずっと話題の中心にいた

このカタパルトというプロジェクト、NEMの中では2017年中、ずっと期待されてきていました。
しかし、その難しさから 延期が続いてしまった んですね。

2017年夏頃にリリース予定だったのですが、2018年2月まで伸びた訳です。

この為、価格は騰がらず、2017年5月以降はずっと停滞してしまった状態になっていた訳ですね。

しかし最近では、カタパルトのベータテスト開始だったり、COMSAの情報だったり でており、このすごく期待の高い、カタパルト実装が現実味を帯びています。

COMSAトークンも配布、400円台突破、NEMへの好影響も

COMSAトークンも配布当初は100円台だったのが、現在では400円台に騰がっています。

この2017年12月にCOMSAトークンが配布される直前から、NEMの価格は高騰をはじめました。
>> 参考: Zaif運営会社、テックビューロが主導する『COMSA』トークンがZaifで取引開始!気になる現在の価格と今後は!?

COMSAはICO(Initial Coin Cffering)のプラットフォームですが、その中では mijinのカタパルトが使用される 予定になっています。

また、NEMとの関係性も強く持たれると考えられており、COMSAの成功、カタパルトの実装が期待を大きく上げている要因ですね。

NEMはこれからも伸びる?

こればかりはわかりませんが、個人的にはまだまだ伸びると考えています。

2018年は恐らく、NEMにとってとても良い年になるでしょう。
そして、NEMはカタパルトが入ってしまっては、まだまだ安いと思っています

取引の重要な要素となる、取引の速度が圧倒的 ですからね。

資産としてのビットコイン、取引のNEM として君臨できる可能性もありますね。
参考>> 高騰したNEM(XEM)の今後が明るい!2018年はNEMにとってどんな年になるのか?

今からの参加もまだまだ遅くないでしょう。

NEMは国内取引所のZaifで購入できます。

開設のための記事も書いています、よければどうぞ!
カンタン、仮想通貨取引所Zaifでアカウント開設!の解説!

2018年が楽しみですね!

GORIです。応援よろしくお願いします!



参加中です、クリックぜひお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d bloggers like this: